椀だし
椀だし
商品番号:YB00001

椀だし

通常価格 ¥939  (税込)

280年続く日本橋八木長が自信を持っておすすめする椀だし。水やお湯で希釈するだけ、料亭のような味わいをお楽しみいただけます。
焼津産の枯れ節と北海道産の日高昆布を使用して作られた出汁ボトルです。白だしとしてお吸い物、みそ汁、鍋、麺の付けつゆ、野菜のピクルス、炊き込みご飯とお使いください

商品内容

500ml

成分

昆布エキス、しょうゆ(本醸造)、かつおかれぶし削りぶし、発酵調味料、食塩、調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

【こんなお料理に①】松茸のお吸い物体にしみわたる、極みの椀

松茸のお吸い物

八木長の「だし」は、澄んだ美しい見た目でありながら、味は濃厚。特に簡単に使える椀だしは、「味が必ず決まる!」と大変人気の商品です。まずはいちばんシンプルに味わえる、お椀で味わってみてください。具はお好みですが、贅沢に松茸を入れたら、至福の一杯になります。

【材料(2人分)と作り方】

椀だし大さじ2 松茸2切れ 三つ葉少々

  • 鍋に椀だし、水500mlを入れて温める。鍋に椀だし、水500mlを入れて温める。
  • ボウルに水をはり、松茸の軸の汚れを洗う。水の中で布などを使用してていねいに落としましょう。食べやすく薄切りにする。
  • 松茸は煮込むと香りが飛ぶので、お椀にあらかじめ入れておき、①を注ぐ。

【こんなお料理に②】だし巻き卵朝食やお弁当の王道。甘いだし巻き卵。

出汁巻たまご

だしを使った和食の定番の一つとして作りたい、だし巻き卵。大根おろしとお醤油で食べるだし巻きも人気ですが、お弁当や朝食に甘いだし巻きも、たまりません。味噌汁やごはん、しょっぱいおかずには甘い卵焼きがぴったりです。

だし巻きたまご だし巻き卵
【材料(作りやすい分量)と作り方】

卵3個  / 椀だし小さじ1(または鰹だし大さじ1) 塩少々 / 油適量

  • たまごはしっかりととぎほぐし、出汁を加える。
  • 卵焼き器に油をひいて熱し、卵液の約4分の1を流し入れ、はしでかきまぜる。
  • 奥から手前へ折りたたんでいき、手前で形を整える。
  • あいているスペースに油をひき、さらに卵液の4分の1を流し入れる。このとき、卵の下にもしっかり卵液が流れるように少し持ち上げて。
  • 同様にくり返して卵液がなくなるまで焼く。形が悪ければ巻きすにラップを敷いてのせ、形を整えても。

  

商品ご案内