豊かな朝食セット
豊かな朝食セット
豊かな朝食セット
豊かな朝食セット
豊かな朝食セット
豊かな朝食セット
豊かな朝食セット
商品番号:

豊かな朝食セット

通常価格 ¥3,310  セール価格 ¥3,200  (税込)

豊かな朝食を演出する八木長こだわりのかつお粉削り、ごま3種(ゆず・梅・わさび)、五郎兵衛しょうゆと、長年お客様からご愛顧いただいている無添加だしパックのセットになります。

商品内容

無添加だしパック 60g(20g x 3袋)
かつお粉削り80g
ゆずごま / うめごま / わさびごま 各120g
五郎兵衛しょうゆ 360g

理想のニッポンの朝ごはんをこだわりの食材で豊かな朝食セット

ニッポンの伝統的な朝ごはんといえば、お味噌汁にほかほかの白いごはん。ごはんのお供が食卓に並んでいたら、朝から家族の1日の活力をチャージできますよね。どれもシンプルで簡単なものかもしれませんが、その食材のひとつひとつにこだわることで、ぐっと美味しさを追求することができるのです。

まいにちのことだから。簡単でもいい、ひと手間とちょっとのこだわりを。

焼き鮭、卵焼き、炊きたての白いごはんに、味噌汁のだしの香りが部屋じゅうに香る、そんな中で目を覚ましたときの幸福感を、思い出してみてください。どれも簡単なものだし各家庭の味があって、だからいい。調味料はこだわりのものを、そしてだしの美味しさは外せません。ごはんは鍋で炊くのも、実は簡単です。このひと手間を、大切に丁寧に暮らしてみてはいかがでしょう。

白米の炊き方

鍋でごはんを炊く。これだけで、美味くなる。

少しだけゆとりのあるときは、ごはんは鍋で炊くことで、ワンランクふっくら美味しくいただけます。ハードルが高く感じられる人もいるかもしれませんが、とても簡単。

美味しいごはんの炊き方

1. 米はボウルの中で優しく洗う。水を3~4回かえてとぐ。このとき、力を入れすぎないことがポイント。とぎ汁がにごっいてもあまり気にしなくて大丈夫です。とぎ終わったらざるに上げ、30分そのままおく。

2. 米2カップ(400m)に対し、1.3倍の水(520ml)を用意する。なべに米と水を入れて必ず蓋をし、中火にかける。佛謄してから佛謄してから2分ほどたったらに弱火にする。

3 .弱火で8分、こげないよう気を付け合計で12~3分を目安に炊き上げる。火を止め、蓋をしたまま蒸らす。最低10分は蒸らしましょう。

 

こんなお料理を朝食に
だしとはんぺんで、口の中でとろけるような美味しさ伊達巻オムレツ

伊達巻オムレツ

伊達巻卵というと、お正月料理を思い浮かべるかたも少なくないと思います。伊達巻のふわふわ感を朝食で簡単に、フライパンひとつでアレンジしたのがこの一品。だしの香りと、はんぺんのふわふわ食感のマリアージュがたまりません。もちろん巻きすで巻いてもいいですし、半分に折りたためばボリュームのあるオムレツに。甘い卵焼きは朝食によく合います。

伊達巻オムレツ

【材料(4人分)と作り方】
はんぺん100g 卵4個 めんつゆか八木長椀だし小さじ2 酒小さじ1 砂糖大さじ1 塩少々 油大さじ1

1. はんぺんはなるべく小さく切る(はんぺんはなるべく上質のものがおすすめ)。
2. 溶きほぐした卵と砂糖とともに、フードプロセッサーにかける。
3. 大きめのフライパンに油を敷いてあたため、①を流し入れて弱火にして蓋をする。
4. 半熟に火が通ったら半月に折りたたんで器に盛る。巻きすで巻いて冷めるまでおくと、伊達巻卵になる。

こんなお料理を朝食に
だしで漬けることで和食にぴったりの味に和風ピクルス

だしベースのピクルス液に漬けることで、優しい酸味のピクルスに。おかずとして、和食の献立によく合います。朝食はもちろん、お弁当やふだんの食卓に、作っておくと便利な常備菜。野菜は好みのものでOK。根菜など、和の野菜もよく合います。季節により、いんげん、ブロッコリー、れんこん、長芋などを入れて楽しんで。

【材料と作り方】
にんじん、大根各5cm セロリ1本 きゅうり1本 カリフラワー小房2個 パプリカ1/2個 フルーツ酢またはレモン汁300ml 八木長椀だし30ml 塩少々

1. にんじん、大根は皮をむき、棒状に切る。セロリ、きゅうりも棒状に切る。パプリカは1センチ幅に切る。
2. 水230ml、酢、椀だしを小鍋に入れて煮立て、にんじん、大根、セロリ、カリフラワーを加えて4〜5分煮て、火を止め冷ます。
3. きゅうりを加え、保存容器に移して冷蔵庫で一晩おく(2日目以降が食べごろ)。

忙しい朝もしっかり食べたい。そんな日は、手軽で栄養のとれる、2品献立に。

忙しい朝もしっかり食べたい、食べさせたい。そんなときは、片手で食べられるおにぎりに具だくさんの汁を添えて。けんちん汁は野菜がたっぷり摂れて体をあたためてくれる、昔ながらのお母さんの優しい味。前日時間のあるときに作っておくと、味がなじむうえ、ラクできます。おにぎりは3種のごまで。梅、わさび、ゆずの味付きいりごまは八木長特製で、それぞれ大変人気です。

ゆずごま,わさびごま,うめごま

こんなお料理を朝食に
だしと野菜のうまみがとけ出したおかず汁"けんちん汁"

yagityou お吸い物

けんちん汁は、昔ながらの定番の汁物。野菜のうまみと、だしが味を左右します。王道の作り方を身につけて受け継いでほしい、日本の健康的なお料理です。おかずのような汁物は、1品で栄養満点、お腹も満足します。

【材料●人分と作り方】
鰹粉削り30g 干し椎茸3枚 大根10cm にんじん2cm こんにゃく1/4枚 さやいんげん2枚 木綿豆腐1/2丁 塩、醤油各適量 油少々 すり白ごま適量
1. 椎茸は前もって水1ℓに入れて戻し、戻し汁も捨てずとっておく。(①)
鍋に①の戻し汁を入れて沸かし、粉削りを入れ、だしをとる。(②)
2. 椎茸は細切りにし、大根、人参はいちょう切りに、いんげんは筋をとってこんにゃくは湯どうしし、細切りにする。
3. 鍋にごま油もしくは綿実油を熱し、野菜、こんにゃくを入れていためる。
4. ②を加え、アクをとって煮立てる。野菜がやわらかくなつたら豆腐をちぎり入れ、塩、醤油で味をととのえる。椀に盛りつけ、好みですりごまをかけて。


  

商品ご案内